Revitで建築してみる

Revitはとっかかりにくいイメージ、ありませんか?確かに他社のBIMと比べるとわかりづらいところが多いですが、慣れれば大丈夫です。KeynoteとPowerPointの違いみたいなもので(笑)使いこなせると楽しそう。この記事では柱、梁、壁、床、建具の基本的な配置の仕方を説明しますので、一通り読んでいただければ、建物が建てられるようになります。ということは…Revitを設計課題に活用できるようになるはず!!



通芯とレベル設定

方法はこちらの記事にまとめています。適当な間隔で芯線を引きましょう。ここでは芯線を一間(1818mmとしました)間隔で東西南北方向に5本ずつ引き、レベルは設計GL、1FL、RLとしました。

柱、梁、床、壁

柱を配置してみましょう。まず建築タブから構造柱を選択します。

次に柱についての情報を整理します。私たちが考えるべきなのは主に2点。一つは柱の材質と寸法。これはプロパティ内のドロップダウンリスト(次の画像で赤く囲ったところ)を開いて行います。ここではRC柱-角 400×400で行こうと思います。

もう一つは柱の「基準レベル(下端の位置)」「向き」「上部レベル(上端の位置)」のセットです。赤く囲った部分で編集します。基準レベルは設計GL、向きは上向き、上部レベルをRLとします。

(画像で赤く示したところに基準レベルについての表示がないぞ…と思われたかもしれませんが、心配ありません。いま作図に使っている画面が基準レベルとなります。つまり、設計GLのことです。)

何本も柱を立てるのが面倒…そう思われるかもしれません。そんな時にぴったりのテクニックが、実はあります。

右上にある”通芯位置”というボタンをクリックし、通芯をすべて選択して”終了”を押せば…一気に25本の柱が立ちました。なんと。

1FLの床を支える梁を配置してみましょう。そのために1FLの平面図を開きます。”構造”タブ内の”梁”を選択、お好みの梁に設定したら梁を描画します。赤く示した2つの四角、その左側で描画方法を選択できます。適当な二点を選んで直線を作るもよし、芯線を選択するもよし、ということです。すべての柱の間に梁が通したい場合、その右の”通芯上”を押し、先ほどの25本の柱と同じ要領で通芯をすべて選択、終了を押せば一気に梁を配置することもできます。

「非表示になっています」などのエラーは無視してかまいません。

1FLに床を張ります。”構造”タブの”床”を選択、明石閣で囲ったところで目的に合った描画モードを選んで床の輪郭線を描きます。

閉じた図形が描けたら緑のチェックマークを押して終了します。平屋根の場合、屋根も床で代用してしまってもいいです。勾配付きの屋根をつけたい場合はこちらをチェック!

壁を立てる時の確認事項は

・柱と同じく、基準レベル、向き、上部レベルのセットを指定する

・梁と同じく、描画することで配置する

です。水平方向にも鉛直方向にも広がりを持つのが壁ですから、当然かもしれませんね。書いてて気がつきました。

”建築”タブや”構造”タブから壁を選択、柱や梁の設置方法に倣って適当なところに壁を配置します。

プロパティをいじればカーテンウォールを設置することもできます。

そして屋根代わりとして床で天井をふさいだものがこちら。

…ふざけたものができてしまいました。壁が屋根を突き破っていたり、片持ちの床がかなり頑張っていたり…そもそも居心地が悪そうです笑。先ほど1FLの床を支える梁を配置しましたが、実は梁などなくても床は貼ることができてしまいます。実際にこの屋根は梁もなしにただのせただけです。

建具など

気を取り直して、建具などを配置しましょう。扉と机を設置します。

扉など

”建築”タブの”ドア”を選択、平面図上で壁の上にカーソルを持っていくと…ドアが現れます。カーソルの位置によってどちら側に開くドアなのかが決まります。壁の近くでカーソルを動かせばその挙動がつかめるかと思います。位置を決めたらクリックして確定です。

家具など

”建築”タブの”コンポーネント”にいろいろなものが格納されています。まずは押してみましょう。プロパティのドロップダウンリストから好きな家具を選択、平面図上で適当な位置をクリック。これで設置完了です。3Dビューでも確認できますね。

まとめ・関連記事

意外と簡単に建ちました。めちゃくちゃなものができてしまいましたが、機能をまとめてお伝えできていれば幸いです。ちなみに、次の記事でこのモデルを分解します。こちらもぜひ合わせて読んでみてください。

動画で学習する!

BEAVER STUDYでは、チュートリアル動画を通して各種ソフトの使い方を体系的に学習できます。『新しいソフトを使ってみたい』という方はぜひご利用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です