【建築学生必見の奨学金制度!】Vectorworksデザインスカラシップって何??

『本年の募集受付は終了いたしました』

 

学生対象奨学金制度のご紹介

Vectorworksデザインスカラシップとは、

 Vectorworks, Inc. (在米国、メリーランド州コロンビア)が主催する奨学金制度の事です。

Vectorworksが販売されている世界各国で独自に地域予選(Vectorworksデザインスカラシップ)が行われ、各国の優秀賞の受賞者の中からRichard Diehl Award 1名が選ばれるという奨学金制度です。

このRichard Diehl Awardは国際的なアワードであり、

受賞者には7,000USドルの奨学金のほか、プロフェッショナルとの人脈形成、メディアへの露出の機会など

が与えられるみたいです!!

日本国内から選ばれ、Richard Diehl Awardを受賞すると、円安の今なら、国内の奨学金と合わせると100万円以上の奨学金がもらえるという事になります。

Leslie Rahel Majer   ETH; Swiss Federal Institute of Technology in Zürich
引用:Vectorworks,Inc. 2021年Richard Diehl Award受賞作品

 

      

参加できるのはどんな人?

応募資格は以下のように記載されています。

・「建築やデザインに関する対象分野を専攻し、2022年4月19日以降、高等学校、高等専門学校、専門学校、短期大学、大学、大学院を卒業の見込みである。」

または、

・「公的に認可された高等学校、高等専門学校、専門学校、短期大学、大学、大学院で6単位以上の授業を履修している  かつ、デザインに関する対象分野の学位を取得予定である」 ことです。

対象となる専攻分野は以下の通りです。

建築               音響映像              イベント設計

展示会設計            ファシリティマネジメント      家具設計

住宅建築/リフォーム/設計・施工 インダストリアルデザイン      インテリアデザイン

敷地計画             造園設計              景観設計

敷地計画・施工          照明設計              建築設備(機械、電気、配管)

機械設計             製造                保育園

舞台美術             空間計画              構造工学

テレビ/映画           木工

 

個人でのエントリーのほか、10人以下で構成される分野を横断したチームでのエントリーも受け付けます。この場合、チームのメンバーは全員が応募資格を満たしている必要があります。

その他、対象者の条件はこちら

という事で、高等学校以上でデザインに関連する授業を履修している学生なら誰でも応募できるという事になります。

 

しかし、本年の日本からのエントリーは、建築部門とインテリアデザイン部門になりますのでエントリー部門にあった作品を応募する必要がありますね。

 

応募方法は?

募集期間中、 vectorworks.net/scholarship のページにアクセスし、以下の手順で応募条件を満たした作品をエントリー(提出)します。

  • エントリーフォームを送信します。
  • jpg、pdf、mp4、100MB以下のmov形式で最大6つまでの作品ファイルをアップロードします。zipファイルは対象外です。jpegやpngなどの画像データはpdfファイルに集約し、1ファイルとして提出するのが望ましいです。
  • Vectorworksデザインスカラシップの受賞者は、自動的にRichard Diehl Awardの候補として選考されます。
  • 主催者が定めた通り、提出作品にはあらゆる民族、人種、性別、年代に対しての不必要な暴力性、攻撃性、中傷を明示するまたは明らかに示唆するような内容を含めることはできません。

具体的な応募手順は次のようになります。

 vectorworks.net/scholarshipにアクセスすると、参加国の選択画面になります。

                     

日本で参加する場合は『Japan』を選択し『SUBMIT』ボタンを押します。


改めて日本の申込ページが現れるので『申し込み』ボタンを押します。

応募者のプロフィールの入力画面に切り替わります。

必要事項を記入し、下へスクロールします。


作品に関しての説明を入力します。

『私の作品は以下のもので作成しました』の下の『選択』ボタンをおして

作品を作成したソフトウェアを選択します。表示されるアイコンに該当のソフトウェアが無い場場合は、下の欄に入力します。

プロジェクト名欄に作品名を入力して、『エントリーファイルを参照』ボタンを押して

作品を添付し、『フォームを送信する』ボタンを押せばエントリー完了です。


選考基準!

Vectorworksデザインスカラシップの評価に関して見てみましょう!

Vectorworksデザインスカラシップの評価項目は以下の5項目になります。

  • デザインの質
  • テクノロジー
  • コンセプトと独自性
  • プレゼンテーション性
  • 作品の説明文

 応募作品が項目毎に点数化され総合得点で順位が決められるみたいですね。

作品の説明も評価の対象となっていますので、説明文も手抜きが出来ませんね。

熱い思いを込めて応募してください。

 

応募期間

作品募集の開始 2022年4月19日 PM12:00(ETS 米国東部標準時間)
※参考 日本時間4月20日AM01:00


作品募集の終了 2022年7月18日 AM11:59(ETS米国東部標準時間)
※参考 日本時間7月19日 AM00:59

 

 募集開始は既に始まっています!締め切りまで一か月ありますので、しっかり準備をして応募してみてくださいね!

 

日本の過去の入賞作品 

日本が参加しているのは、前回の2021年からになります。

昨年の入賞作品を紹介しますので、クオリティや作品作りの参考にどうぞ!

2021年度  建築部門

最優秀賞 FOREST REVOLUTION   

多摩美術大学 王 家文

引用:A&A  作品の詳細情報はこちら

 

優秀賞 アロマと本  ~限りなく正に近い7角形と7にまつわる話~

日本工学院専門学校 今泉 伎琳

引用:A&A 作品の詳細情報は、こちら

2021年度 インテリアデザイン部門

優秀賞 bakeryshop&cafe 「360°-JAPAN」

専門学校九州デザイナー学院 谷口 なつみ

引用:A&A 作品の詳細情報は、こちら

 

まとめ

Vectorworksデザインスカラシップ2022をご紹介しました。

募集期間がまだ1か月以上残っていますので是非参加してみて下さい!

 

Vectorworksデザインスカラシップの申し込みは こちら

BEAVERでは、チュートリアル動画を通して各種ソフトの使い方を体系的に学習できます。基礎を固めて、効率的に学習を進めてみませんか?
設計作品共有
建築ソフト学習サービス
設計作品共有 / 建築ソフト学習サービス